<< 京都の観光名所金閣寺 | main | 金閣寺について書きますかぁ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

三島由紀夫氏の著書【金閣寺】

三島由紀夫の著書【金閣寺】という本があります。文章の力強い表現をされる三島由紀夫が書いたもので金閣寺のの放火事件について書かれているようです。
放火される時代には金閣寺は国宝であり日本にとっての最重要文化財として歴史を認められ文化財としても非常に完成度の高いものでいた。

放火した犯人は当時金閣寺で坊主をしていた人物で酒に酔い日ごろのむしゃくしゃした気持ちを晴らす為に火を放ちました。

酔いがさめてきた頃自分が行った過ちの大きさに耐え切れず近隣に広がる林の中で自ら命を絶つことをけついしました。

全焼をした金閣寺の周辺に当時の坊主が使っていた布団などが残っており犯人として探されているところでした。

全焼をした金閣寺は現在では当時の技法を使い復元されていますが、国宝の記録からは抹消され現在では文化財として存在しています。
| - | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | - | - |











dot dot
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>